放浪カモメはどこまでも by スピッツ